スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七面鳥射ち

fighter_f_axe.jpg
「マエストロ、大変です!」

maestropd_m.jpg
『どうした。「城の目の前に巨大な七面鳥が出現」でもしたのか?』

fighter_f_axe.jpg
「・・・・・・あ・・・え・・・そ、そうです。」

fighter_m_naki.jpg
「マエストロ、そういうのは知ってても知らない体でと前回も・・・・・・」

maestropd_m_hera.jpg
マジで!!どこ?どこ?七面鳥どこ?

fighter_m_tenten.jpg
「・・・こっちは驚くんや・・・」

結局前回もトータルで長すぎたと、マエストロ(の中の人が)思ったか思わなかったか。
早速現場へ向かう・・・もなにも、現場はまさにサンタンジェロの目の前だった。
turkey1.jpg

『やっとだ・・・やっと。キリスト者らしい事ができる・・・』

不覚にも目を潤ませるマエストロ。地球ではマルタ騎士団こと聖ヨハネ騎士団総長であったのだから、
敬虔なるキリスト教徒である。十字架の一つも存在しないこの世界で、アンクネックレスの収集が唯一の慰めであった。
そこへ、今回の七面鳥の出現である。
(ちなみに中の人は特に信仰をもっていません。色々適当なのですが、他意はありませんので、なにとぞお許しを。)

maestro_herald_f.jpg
「・・・ということで、何とかこれを仕留めたいと、マエストロ躍起になったわけでございます。」

しかし、何しろ相手はシステム上「野生動物」である。巨大で恐るべき力をもっていたとしても「悪」ではなく、
したがって、解雇された兵士達はこれに進んで向かっていくことはしないのである。

maestropd_m.jpg
『・・・!たしかヤツには範囲攻撃があったな。これに兵士を巻き込ませて戦闘に引き込んではどうか。』

turkey2.jpg

城内に配置したモンバットを解雇した兵士達にタゲらせて固定。
ターキーを誘導後、モンバットを殺して兵士を解放。ターキーの範囲攻撃に巻き込まれた兵士達にターキーを攻撃させる。
これは良い案だと思ったのだが、具合の悪いことに兵士達にはこの攻撃は無効らしく、

turkey3.jpg
エフェクトはちゃんと出るのだが、攻撃されたとは判定されないようで、掛かっていかない。痛恨の作戦ボツ。

騎士団の決戦戦術たる「三面六臂の陣」を封じられ、近衛のみでの戦闘を余儀なくされたマエストロ。
turkey4.jpg

maestro_herald_f_s.jpg
「これまでにないくらいの気絶を繰り返しながらの「実地研究」となりました。よーく転げてらしたわ。ウフフ」

turkey5.jpg
turkey7.jpg
turkey8.jpg


fighter_m.jpg
「マエストロ、これは、援軍を求めるべきでは?」

maestropd_hadaka.jpg
『馬鹿もの。これはどちらかといえば私事だ。それに貴重な騎士の命を危険にさらすことは、おいそれとは出来んよ。』

maestro_herald_f.jpg
「そして、ついに「運がよければ気絶なしで倒せる。と思う」レベルまでやってまいりました。」

・船上にレンジャーを配置。ターキーに対し不調和・沈静を見舞った上で、攻撃指示。

turkey9.jpg

まずは引き寄せ対策・・・
標的によっては2マス以内にいれば引き寄せられなかったりというのがあるようだが、こいつは無関係に引き寄せの模様。

maestropd_m.jpg
『ならば、引き寄せられる前提で考えねばならん。』

・基本的に沈静状態を維持。沈静中でも引き寄せは発動するが、

1、引き寄せられた時点でまだ沈静が聴いていれば噛みつかれないので、離脱するだけで良い。
2、沈静が切れていれば噛まれるので、即再度沈静して離脱→治療。


turkey10.jpg
turkey11.jpg

気絶につながるのは、ダメージのあと治療するまえに追い討ちされるパターンで2種類に分かれる。

1、治療前に再度引き寄せられて噛まれる


引き寄せ→ダメージ→離脱→治療前にまた引き寄せ→噛まれて死亡、というパターンを避けるために、

・ダメージを受けたら、即レンジャーに対してストップ命令。治療後に再度アタック開始。

turkey12.jpg
turkey13.jpg

2、沈静状態でも発動する最大60ダメージほどの範囲攻撃

沈静状態でも発動する点が恐ろしいが、この攻撃は長めの予備動作(羽音(?)が4回鳴る)があるので、
一応発動前に察知することができる。

・羽音に気が付いたらGヒールのプレキャスト。ダメージ後即開放。
・気が付かずにダメージをうけたら、即レンジャーにストップ命令をだして治療。治療後再度アタック。

(範囲攻撃を受けるとタゲがPCに移るのでその点も注意。)

これで一応ほとんど死ななくなる。(はず)

fighter_ranger1.jpg
「マ、マエストロ・・・・」

maestropd_m.jpg
『なんだ?』

fighter_ranger2.jpg
「ひっじょーーーーーーーーーーに、地味な戦術ッスね。」

maestropd_m.jpg
『それを言うな・・・。しかし、アレだぞ。たまにはこういうことも書かんと・・・』
『「三面六臂」しか戦術がないのかと思われてしまうぞ。より飽きるだろうが。』

fighter_ranger1.jpg
「そッスかねぇ。」

とか何とかいいつつ、地味ーに戦闘を継続。4分の1減らすまでにマエストロが2回気絶したが、
(2回目は意識回復直後に、遥か遠方から引き寄せられて気絶・・・)

それ以降は、操作にも慣れ。瀕死には何度も陥りつつも一応安定して削り。

1時間近く掛かってようやく倒したのだった。
turkey14.jpg

maestropd_m.jpg
『・・・どうか・・・どうか・・・』

fighter_ranger2.jpg
「またやってるぜ。」

fighter_ranger1.jpg
「でも、何回もこれやりたくないってのは分かるな。マエストロめっちゃたいへんそうだったもん。」

fighter_ranger2.jpg
「今回、俺らはただ打ってただけで、まるで安全だったもんなぁ」

maestropd_m.jpg
『ぬおおおおおお・・・・羽とぼろぼろの地図しか入ってない・・・・』

<騎士団辞書>

「七面鳥射ち」:のんびり矢を射る平民たちの傍らで貴族が七転八倒、あげく見入りの乏しいこと


(実は続く・・・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グラン・マエストロ

Author:グラン・マエストロ
UO(ウルティマ・オンライン)で、騎士団長ロールプレイで遊んでいます。キャラ名はla Vallette。NPC傭兵をこよなく愛し、愛するが故に酷使し・死なせ・搾取する。PCに対しては普通の人(多分)。

直接ダメージ源をNPC兵士に限定して、PCはそのサポートのみを行う。ざっくりそんな縛りで、いったいどこまで戦えるのかに挑戦しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。