スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬のち狼(後編)

fighter_m_herahera.jpg
「今度の目標は何でありますか?マエストロ」

maestropd_m_hera.jpg
『うん、次は、狼だよ。楽勝でしょ?』

fighter_m_tenten.jpg
「マエストロ!私は騙されませんぞ!聞きましたよ。先日の作戦の生還者から。」
「『マエストロのウマい話にのると悪夢を見ることになる』と。」

(・・・・・・余計なことを)
『ひどい、言われようだね。大丈夫今日は本当にWolfがターゲットだからさ』
『wolfといえば何がいるか、知ってるだけ言ってご覧よ』

「ふむ、timber wolf,Gray wolf,それから、dire wolfでしたかな。」

『そうだね。君、そんなのがおっかないの?』

「いや・・・決して・・・そういうわけでは・・・」

(しばらく後・・・)

wolf1.jpg
「マエストロ、立ってます、立ってます。」

『黙って手を動かさんか!』

「狼が立ってます!頭・・・みっつ・・・爪、痛っ!!」

[わおおぉーーん](ばたり)

『一人死んだか。』

lordsenbei1.jpg
『なんとかいけそうですな』

fighter_m_naki.jpg
「マエストロ!話がちが・・・」

maestropd_m.jpg
『やかましいっ!!貴様らは戦士であろう!常に腕と知識を高めなくてどうする!』
『wolfと言われて3つしか上げられなかった己の怠慢を罵るがよい!・・・何かいうことはあるか?』

「・・・・・・申し訳ありません」

『よろしい。よいか、我らはこの厳しい世界で、いずれより強大な敵と戦わねばならんのだ。』
『この程度で臆してどうする。死中にこそ活を求めよ。』
『増員して、掃討するぞ。こやつら、元はヒトだ。闇に食われて人狼と成り果てたのだ。楽にしてやろうぞ。』

8人の兵士が集められ、次々と現れ押し寄せる人狼たちと切り結んだ。
wolf2.jpg
彼らはもう臆してはいなかったが、全員で圧し包んでもなお、人狼にはそれを押し返さんとする勢いがあった。

そこへ、4本の矢が飛来し、人狼の身体に突き立った。
wolf3.jpg

『打て打て~』

マエストロとセンベイ卿直属のレンジャー部隊4名が次々と矢を放つ。
矢玉の湧き出す魔法のバックパックを持つ彼らの残弾は∞である。

wolf4.jpg
しかしながら、せっかく弓を持っているというのに、なぜか放っておくと接近戦をしてしまうので、管理が難しい。
「打て(attack)」→「止まれ(stay)」→「続け(follow)」と3段階に命令を出してやり、
標的との距離を保たせねばならない。
特に「止まれ」は一度では聞かない場合も多く、画面をしっかりみて位置を把握しておく必要がある。

wolf5.jpg
レンジャー部隊の支援射撃も加わり。次々と人狼を討ち取る騎士団。

wolf6.jpg
『いいね。レンジャー。特に絵的に良い。近接と後方支援、実に戦闘部隊らしいじゃないか。』

しかし、どれほど優勢であってもやはり犠牲は出る。特に隊列が崩れた所を突かれると意外なほどのダメージを被った。
人狼の出現範囲の広さが隊列の乱れを促進していた。拠点選択時の検討の甘さは否定できない。

wolf7.jpg
最終的には隊列を維持できなくなり、マエストロが撤退を指示した。
無論、被害の比較からすれば勝利であるが、より決定的なものとするための再考と再戦を期したい。


※レンジャーは、解雇すると矢を地面に捨ててしまうというとんでもない仕様があるため、HIRE&FIRE
による大量動員はできない。これを解決する術をぜひ見つけたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

海兵

待ってました後編!
レンジャー部隊を船に乗せて、船上からの弓攻撃ではどうであろうか、卿。

No title

それも楽しそうですねぇ。というか一方的にやれますね。
ようやく船資金が溜まったので、いきたいですね。
プロフィール

グラン・マエストロ

Author:グラン・マエストロ
UO(ウルティマ・オンライン)で、騎士団長ロールプレイで遊んでいます。キャラ名はla Vallette。NPC傭兵をこよなく愛し、愛するが故に酷使し・死なせ・搾取する。PCに対しては普通の人(多分)。

直接ダメージ源をNPC兵士に限定して、PCはそのサポートのみを行う。ざっくりそんな縛りで、いったいどこまで戦えるのかに挑戦しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。