スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騎士団vs機械軍団(後編)

初イルシェナーで挑んだ機械軍団に惨敗を喫した騎士団。

(惨敗ぶりは前編をご覧下さい)

maestropd.jpg
『しかし、諦めるワケにはいかん。状況を打開する策を練るのだ』

fighter_m.jpg
(ホントはサンクチュアリのに変更しようとして、このRPだと1時間にネズミ50匹無理だったからのくせに)

理由はともかく、マエストロまじめに考えました。

1、橋頭堡を確保する
エクソダスダンジョン西端の研究室と思われる部屋を橋頭堡として確保。
この部屋には普段ガーゴイルがいるので、これを誘導して空き部屋化する。

exsodus5.jpg
(作戦実行時、幸運にもガーゴイルは遠出しており付近に不在)

2、ガマンして一定数の兵士を送り込む
輸送のスピード化と兵士の安全確保の為、兵士達は雇用したポイントで待機させ、
マエストロが橋頭堡に到着後、ログアウト→ログインして召還。

※ログアウトしてしまうとそれ以前に解雇した兵士とは「縁」が切れてしまうので、
戦闘開始前に必ずもう一度Hire&Fireを実行する。

4往復して8人の兵士を拠点に送り込んだ。
・・・・・・はずが、1名が「敵前逃亡」。兵士7名で臨むことになった。

『よりによってこの作戦で敵前逃亡をやらかしてくれるとは・・・次見つけたら「伝説」にしてやるからな。』

fighter_m_naki.jpg
「・・・ホールデン」

3、不協和による弱体化を導入する
兵士の補充が困難(面倒)なこの作戦で、極力兵力を損なわずに戦闘を継続するために、
今回から、沈静化に加えて不協和を導入。

4、兵士は拠点を動かずマエストロの誘導によって敵を呼び込む
拠点とした研究室から通路を通ってとなりの部屋にオーバーシーアとコントローラー、
さらにその奥の通路にミニオンが沸いていることを確認。

『よし、始めるぞ。ものども、慎重に臨め。無謀な突撃は厳に慎むべし。(もう往復するのいやだからなぁ)』

マエストロの本音はともかく、出来るだけターゲットをマエストロが保ったまま拠点奥地まで誘い込むことで、
兵士達が散ってしまうことも避けられる。

作戦開始

exsodus6.jpg
exsodus7.jpg
exsodus8.jpg
exsodus9.jpg
しっかり準備をして望んだ甲斐あって、作戦はきわめて順調に進んだ。
順調に撃破しオーバーシーア5体、ミニオン2体の破壊を確認。

『なんだ。結構余裕じゃない。』
exsodus10.jpg
『こいつら機械の癖にお金懐にいれててどうすんだろね。我々が回収して有効につかってやろうね。』
「熊マスクが超謎ですよねー。どこにかぶるんだろう。」

exsodud11.jpg
マエストロも慣れてきて、同時に2体づつ誘導してくるように・・・。

コントローラーパラゴンも撃破。

exsodus12.jpg
「何がHP5倍だ!もともと80ぐらいのモンやろお前!!」

『うん、やっぱりモヤシはモヤシ。だよね。』

「マエストロ万歳!」

exodus13.jpg
順調にすすむ戦いに兵士達もご機嫌です。

『さて、そろそろ帰るか。・・・・・・こいつらどうすっかな。』
『ゲート出せないからなぁ、歩いてお迎えとかありえんしな。』

黒いことを考え始めたマエストロが次に連れてきたのはエクソダス・オーバーシーア(パラゴン)。

今回も、威勢良く殴りかかる兵士達。さすがにパラゴン化したエクソダスの攻撃は痛かったが、
兵士達はぐっとこらえて待った・・・マエストロの詠唱を。

exodus14.jpg
『あ・・・ゴメン君たち、今のスキルだと沈静も弱体も無理だってさー。』

exodus15.jpg
『私、撤退するから、悪いけど時間稼いでね』

fighter_m_naki.jpg
「わざとだー、絶対わざとだー」

次々と倒される兵士たち・・・・・・

(スマンな兵達よ。パラゴン連れてきたのはワザとだけど、スキル効かなかったのは本当に想定外だから許せ)

などと、勝手な独り言をつぶやいていると、いきなり寄ってきたパラゴンにインビジを暴かれるマエストロ。

『わぁ、死ぬ死ぬ・・・死ぬわー!!』

叫びながら本気で逃走するマエストロの前に、通路にうずくまる一人の兵士が

fighter_m_naki.jpg
「わー、マエストロ!パラゴンが早すぎて追いつけなかったんですよー。寂しかったよー。」

exodus16.jpg
すれ違いざまに兵士に7gp握らせて逃げ去るマエストロ。
『仕方ない。つれて帰ってはやれんが、後で召還してやる。ソレ握っとけー!!』

マエストロ(のみ?)無事に生還。



『さー、クリア条件満たしたことだし、報告にいくかー』

・・・マエストロ何か忘れてませんか?

exodus17.jpg
『いえい、SpellWeavingゲットー!』
『さー、せっかくだからこの街ちょっと散歩するかー』


exodus18.jpg
『ダレが変テコな帽子じゃ!このボケェ!動員すんぞ!!ワシが声かけたら軽く50人は集まんねんぞ!!』

クエストNPCに売られたケンカを思わず買ってしまうマエストロ・・・何か忘れて・・・

『このよく分からん道具、とりあえず屋上に飾っとくかー。このピカピカもならべて・・・』

『って、ああ、忘れてた。召還してやらないといけないんだったね。ログアウトっと』



再度、ログイン。


生きてましたー。

exodus19.jpg
しかし、忠誠心は失われてしまったようです。もう一度お金をあげてジェロームに返してあげました。

※主人が遠く離れていると急激に忠誠がさがるようですね。これでペットみたいに「野生化」してくれれば
ワザとしての使い道がでてくるのですが、NPCの場合は言うことを聞かなくなるだけで
雇用関係は継続してしまいます。(スロットを消費し、ちゃんと解雇するまでは次のを雇えない)

※本編から省きましたが、今回、倒したエクソダスの一部が「クエスト対象を倒した」として
カウントされないケースが何度か生じました。HIRE&FIREを繰り返すと上手くいかない部分が出てくるのかも?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい采配っすねえ!!

イルシュナー遠征お疲れ様でした。^^

必殺ログイン・ログアウトであちこち兵を運べるんですねえ!

どんどんミッションの可能性が広がりますが,
それにともなって傭兵さんたちもどんどん過酷に!!

次のミッションでの采配も期待しています。^^

傭兵さんたちに文句を言われないようにがんばってください!!

では。

ありがとうございます

次のミッションでは猛暑に苦しむ兵達を避暑に連れて行ってあげるという、
マエストロのやさしい一面が見られますよ^^

イマドキの傭兵隊長は福利厚生も考えないといけないので大変です。
プロフィール

グラン・マエストロ

Author:グラン・マエストロ
UO(ウルティマ・オンライン)で、騎士団長ロールプレイで遊んでいます。キャラ名はla Vallette。NPC傭兵をこよなく愛し、愛するが故に酷使し・死なせ・搾取する。PCに対しては普通の人(多分)。

直接ダメージ源をNPC兵士に限定して、PCはそのサポートのみを行う。ざっくりそんな縛りで、いったいどこまで戦えるのかに挑戦しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。