スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖アンジェロ砦再び襲撃される

fighter_m.jpg
「マエストロ、また巨竜が侵攻して参りました。」

maestropd.jpg
『またか。何度も同じような戦いをやるのはどうかと思うぞ。特にブログのネタ的には・・・』

「ワケの分からんことをおっしゃらず、指揮をお願いします!」

『む・・・なんか反抗的だなぁ。まぁいいか、とりあえず40人集めてぶっとばすか』
『あー、面倒臭いなぁ・・・』

とか、なんとかいいつつ、前回撃破時の人数44人を動員しました。

regdra1.jpg
『それいけーい』
『・・・やっぱりこれじゃブログのネタとしてはなぁ・・・』

fighter_m.jpg
「マエストロ!!」

『わ・・・怒るなって。まじめにやってるでしょうが』

「ちがいます。様子がおかしいのです!」

『何?・・・・・・むむむ?、これは・・・』
regdra2.jpg
『1発あたり3とか4しか入っとらんではないか。前回7-8だったから半分以下か?』

「左様です。これは一体・・・」

結局、44人を動員して、3分の1も削れず壊滅。

fighter_m.jpg
「・・・いかがいたしましょう・・・」

『いかがも何も、さらに集めるしかあるまい。今度は2階まで詰め込むぞ』

(とはいいつつ、やる気が沸かんのう。1回倒した相手で方法も同じとは・・・)

ぶつぶついいつつ、41人目と42人目をつれて、マエストロが砦に戻ったその時。

regdra3.jpg
突如、砦を襲撃中のものとは別の巨竜を従えた一人の戦士が現れた。

『な、なにごとか?』


戦士は、瞬く間に敵を打ち倒すや、
一言の言葉も残さず立ち去ったのだった。
砦内に取り残された大量の兵士とマエストロ・・・。

regdra4.jpg
「・・・・・・」

『・・・・・・えーっと。』

「・・・・・・」

『・・・・・・・うん、そのアレだ。神兵、そう、神兵ってやつだ。』
『神が我らの窮状を見かねて、御使いを使わされたのだ!悪は打ち倒された!兵達よ、我々は勝利したのだ!』

「・・・・・・・」

『・・・はいはい、分かったよ。分かりました』

Gドラゴンを引っ張りに、デーモンテンプルへと走るマエストロ。
するとそこでは先ほどの「神兵」が狩りの真っ最中・・・。
神兵さまのお帰りを待って、ようやくGドラゴンと砦へ。

regdra5.jpg
『とつげきー』

が、今度は今度で、何だかおかしい・・・。

regdra7.jpg
やけに速いペースで削られていく巨竜のHP
(沈静・弱体化は使っていません)

regdra6.jpg
あげくに一兵卒にこんな生意気なセリフまで投げられて・・・。
(もちろん、当人は直後に死亡しましたが)

regdra8.jpg
今度は随分とたくさん生き残って余裕の討伐となってしまいました。

やむなく、普通のドラゴンやらデーモンやらドレイクやらを数引きまとめて引っ張ってみたりして、

ダラダラっとした展開に・・・。

maestropd.jpg
『んー、まぁ、こういう日もあるさ・・・』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グラン・マエストロ

Author:グラン・マエストロ
UO(ウルティマ・オンライン)で、騎士団長ロールプレイで遊んでいます。キャラ名はla Vallette。NPC傭兵をこよなく愛し、愛するが故に酷使し・死なせ・搾取する。PCに対しては普通の人(多分)。

直接ダメージ源をNPC兵士に限定して、PCはそのサポートのみを行う。ざっくりそんな縛りで、いったいどこまで戦えるのかに挑戦しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。