スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騎士団vsオークブルート(追撃編)

マエストロの采配のもと、見事オーク・ブルート討伐に成功した我らが騎士団だったが、

maestropd.jpg
『なんか、こう「殺ったった!」って感じが足りないね。』

などと、ぼやくマエストロのもとに、密偵から報告が入った。

「オークどもは、砦の他にもダンジョンを所有しております。」
「そしてその最深部にもオーク・ブルートがおります。」

『ほう。詳しく説明せよ』

どうやら、こちらの方が最深部まで侵入してしまいさえすれば守りは薄いようだ。

早速、討伐部隊が編成された。選ばれた「男」戦士18名である。

brute9.jpg
密偵の準備したルーンでダンジョン地下第3階層へと送り込まれた討伐部隊は、
早速付近を制圧。この付近にはノーマルなオークが数人いるだけだったのであっさりと制圧完了。

そしてマエストロが敵首領を誘導、全員でチャージ!・・・のはずだったが、

brute10.jpg
『お前らが陽動されてどうすんだよ・・・』
(全員、壁向こうのノーマルオークに夢中)

brute11.jpg
ブルートに後ろから殴られて死亡するものが2名程でたが、
何とか正気に戻って攻撃開始。無事に討伐を果たした。

その後さらにもう1匹を誘導し、これも続けて撃破。

maestropd.jpg
『単純にブルート殺るだけなら、こっちのほう楽だね』
『でもさぁ、作戦としては詰まらんなぁ。前回の方が達成感あったよなぁ』

fighter_m.jpg
「・・・どっちなんスか・・・」

マエストロの我がまま放題懊悩は続く・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グラン・マエストロ

Author:グラン・マエストロ
UO(ウルティマ・オンライン)で、騎士団長ロールプレイで遊んでいます。キャラ名はla Vallette。NPC傭兵をこよなく愛し、愛するが故に酷使し・死なせ・搾取する。PCに対しては普通の人(多分)。

直接ダメージ源をNPC兵士に限定して、PCはそのサポートのみを行う。ざっくりそんな縛りで、いったいどこまで戦えるのかに挑戦しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。