スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女だらけの巨竜討伐2011秋

maestropd.jpg
(兵士の数を集めれば単純に部隊の「耐久力」はあがる、しかし、敵を何重にとり囲もうとも、
 実際に攻撃できるのは、周囲8マスにいる兵たちだけで、「攻撃力」に関しては8人を超えたら
 あまり変わらない。耐久力頼りではいずれ1作戦毎に精兵数百人を死なせる事態となる・・・か。)

fighter_f.jpg
「マエストロ!」

『わ、びっくりした。なんだ女戦士君たちか。どうしたんだ。ゾロゾロと。』

「どうしたんだ、じゃあ、ありませんよ!仕事が無いんです!マエストロのせいで!
 マエストロが「女戦士は使えない」とふれてまわるものだから、ただでさえ少ない仕事が
 全く私達に回ってこなくなったんじゃないですか。どうしてくれるんですか!!!」

maestropd_ase.jpg
『ええ?それ私のせいってことになるの?・・・いやでもホラ、ムゲンのSさんとか、
 私の勧めで、結果的に女戦士も雇ってたじゃない?』

「あれも結局、男女に能力差があるってブログ書かれてたじゃないですか。しかも何ですかあのコメント!
 「ハズレ」とか「頭も悪い」とか・・・いいかげんにしてください!!!」

『(うわー、そんなとこまでチェックしてるんだ)いや、だって、それは客観的事じ・・・』

そう言い掛けたとたん、その場にいた30人の女戦士がいっせいに剣を抜き放った。

「マエストロを殺して我々も死にます・・・・!」

followme.jpg
『わー、待って待って。落ち着いて。じゃあどうしたら納得してくれるのかな。何でも言ってご覧よ』

fighter_f.jpg
「・・・・・・手柄を立てさせてください。大きな手柄を。そしてソレを証明する感状を下さい。」

(むずかしい注文だった。とはいえ拒否すればミンチ確定でもあるし、マエストロにも案が無いではなかった)

maestropd.jpg
『手柄を立てさせろ、と言うからには、死ぬ覚悟はできてるんだね。君達。
 実は、たった今、サンタンジェロ砦はまた巨竜の襲撃下にある。かなり強力なヤツだ。
 先だって、より抜きの精鋭30人の部隊がこれと戦って壊滅した。生還者なしの全滅だよ。
 それとやりあう覚悟があるかね?単独ではエティンにも勝てない君らに、アレに挑む覚悟が?』

女戦士たちに動揺がはしった。同人数の精鋭部隊が全滅させられた相手である。
個々の能力で格段に劣る自分達が同じ作戦で望めば確実に全滅するだろう。ただ殺されに行くようなものである。
あるいは、マエストロは邪魔な自分達を処分しようとしているだけなのかも知れないのだ。

『策は練ってある。本当は精鋭部隊にやらせようと思っていたその作戦を。君らやってみるかい?』

結局、彼女達はマエストロの作戦に従うことを選択した。
戦士としてしか生きていけない彼女らには、もはや手柄を立てるか死ぬか、いずれかしか出口はなかった。

『よろしい。では全員しばし待機せよ』

砦外に出たマエストロは、巨竜をサンタンジェロ砦西端の一角に誘導しようとしているようだった。

『よし、準備は整った。これより、君達全員を巨竜前面の1点に一斉転送する。
 武器を構えよ。転送が終わったら唯ひたすらに振り下ろし続けよ。
 60本の腕を備えた一人の戦士となるのだ。君達に運があれば、巨竜討伐の功を得られるだろう。
 さあ行け!!』

gdvsfs1.jpg
(ぽち)

マエストロが砦の制御装置のあるボタンを押すと同時に、戦士達は全員砦の外へと強制転送された。
30人全員が同じ一点に転送されて、しかもそれが巨竜の目の前であった点が特殊だった。
gdvsfs2.jpg
(木があってぜんぜん見えませんが、Gドラ正面の1マスに全員重なっています)
gdvsfs2-2.jpg
(思わず笑ってしまう与ダメ差。まさに人数=HP状態。)

転送と同時に30本の剣が巨竜に向けて振り下ろされる。直後に剣は29本となり、
以後数秒ごとに1本ずつ減っていくこととなったが、それでも巨竜の身体はかつてないペースで
傷つけられていった。

gdvsfs3.jpg
(巨竜と女兵士では絶望的なスキル差だと思われるが、案外当たっている様子。)
gdvsfs4.jpg
1分40秒後、巨竜はその屍を砦前に晒し、17人の女戦士たちの鬨の声が辺りに響き渡った。
同数の精鋭部隊が4分以上の時間をかけ、しかも倒しきれず全滅に至った相手を、弱兵と言われた彼女らが、
半分以下の被害数で打ち倒したのである。彼女らは機会を掴んだのだ。

gdvsfs5.jpg
生き残って名を上げた17人の女戦士達。(画面外にあと2人います)

物理抵抗高め個体だったのか、1発あたりの与ダメージが3-5という状況であったので、
100秒の間に250発~500発の打撃をヒットさせたものと思われる。

maestropd.jpg
(作戦というほどのものでもないな。強いて言えば「陣」か。砦防御にしか使えない現状では、
 命名するほどのものでもあるまい。いずれ真価を発揮するときが来たら改めて考えるとしよう。)
スポンサーサイト

黒い悪魔の心を折れ

maestropd.jpg
『ついこないだ上級悪魔どもを討伐したってのに、やたらとデーモンが砦に攻めてくるね。』

fighter_m.jpg
「どうやら、討伐者(The Slayer)なる上級悪魔の生き残りが、しきりと焚きつけておるようです。」

『討伐者?ああ、そういえば、地獄の王と魂狩りは殺ったけど、そいつは取りこぼしたんだっけか』
『何だっていってるの?』

fighter_m_tenten.jpg
「はぁ、それが・・・・」

maestropd_hera.jpg
『いいから、君が聴いたままいいなよ』

「は、それでは・・・『ヤツらは30人も死なせてやっと2人を倒したことを自慢げに吹聴しているが、
 何のことはない。結局奴等は2度目も壊滅して逃げ帰ったのだ。騎士どもの力など所詮はその程度よ。
 中級の悪魔たちよ、貴様らに機会がめぐってきたぞ!今こそサンタンジェロ砦を攻め落とすのだ。
 ラ・ヴァレッテのハゲ頭を持ち帰ったものは、地獄の王でも魂狩りでも好きな称号を与えてやるぞ!』
 ・・・・・・だそうであります。」

『・・・・・・面擦れやっちゅうねん』

fighter_m_gimon.jpg
「・・・は?」

maestropd_ikari.jpg
『ワシの頭は、ハゲやのうて「面擦れ」やっていうとんのじゃ!!!殺す!討伐者殺す!』
『一匹じゃすまさん。殺しまくって。自分らがタダの「狩りの獲物」やいうことを、骨身に沁みて得心させたんねん』

fighter_m_naki.jpg
(怒るトコそこなんすか、マエストロ・・・・・・)

という訳で、上級悪魔の「掃討」作戦が発令されたのだった。

しかし、一度は「空白地帯の設営不可」と判定されたダンジョンである。
これまでの戦術では「討伐」はともかく「掃討」など到底おぼつかない。

maestropd_ase.jpg
(んんむむむむむ)

作戦立案に煮詰まったマエストロが、気分を変えようとニジェルムの街を歩いていると、
どこからか声が聞こえてきた。当たりを見回しても誰もいない。ふと視線を落とすとそこには一匹の猫。

cat.jpg
「団長さん、団長さん。ずいぶんお悩みのようですね。私でなにかお役に立てることはありませんか?」

『猫・・・か。・・・そうか!その手があったか!・・・猫くん、私と一緒に戦ってくれんかね?』
『決して君を傷つけたりしない。危険は我々が引き受ける。君はただ可愛く鳴いていてくれたら良いんだ。』

cat1.jpg
「・・・分かりました。ボク、騎士団の猫になって一緒に戦います。」

(「地獄に猫」作戦開始)

ダンジョン・ヒスロス。先日、2人の上級悪魔が討伐された場所からさらに潜った最下層。
その西端にあたる一角に下級悪魔・使い魔達の「悪魔だかり」が出来ていた。

cat8.jpg
初めて見る、その愛らしい生き物に、彼らはすっかり心奪われてしまった。
付近で侵入者の発見を告げる声があっても耳に届かず、それを告げたものも一人また一人、猫の虜となり

cat2.jpg
ついには、討伐者自身も現れ、夢中になって眺める有様であった。
(これが兵士だと、自分で扉を開けて出てきてしまう。騎士団の新戦力<陽動猫>誕生の瞬間である。)

cat3.jpg
彼らが猫に夢中になっていたころ、その反対側にあたる東端の部屋、上級悪魔の居室、
隣室・廊下も含めて完全に無人となったこの部屋の中に密かに侵入し配置につく兵士たち。

討伐者は、ふと背後に気配を感じ振り向いた。

「き、貴様はラ・ヴァレッテ!」

maestropd_hera.jpg
『そうよ。私の「面擦れ」頭に用があると聞いたので出向いてやったぞ!ホレ、この首欲しくば付いて来い!』

マエストロをおってたどり着いた室内には、もちろん多数の兵士達が待ち構えていた。

maestropd_ikari.jpg
『かかれぃ!この痴れ者どもに我らの正義、遍き光の力を思い知らせるのだ!!』

cat4.jpg
cat5.jpg
cat6.jpg

この日、地下深いダンジョンの一室で、上級悪魔達は「狩られ」た。
数人の兵士を倒したが、倒されたものの方がはるかに多数であった。

cat7.jpg

途中、剣の届かない机の上に出現し、そこに陣取って魔法で兵達を倒そうと姑息な手段に出たものも
あったが、マエストロの召還したレンジャー達によって射殺された。
彼らの悲鳴は、部下達には届かなかった。部下達は・・・

youdouneko.jpg
まだ猫を見ていた・・・。

地獄の王・魂狩り・討伐者と称された地獄の支配者達、
永い年月を生き、多くの悪と災厄を地上にもたらした彼らが、最後にたどり着いたのは・・・、

cat9.jpg
猫の胃の中だった(笑)

戦術紹介その7<陽動犬・陽動猫>

戦術その3<陽動>の応用編(?)です。
敵地内に無人の部屋を作り、そこを陽動に利用する際に活用します。
兵士達はドアを開けることができるため、部屋を陽動に利用することができませんが、
ペットなら、ドアを開けてしまう心配は無いため、ドア越しの陽動が可能です。

マエストロは調教スキルを持ちませんが、ヒューマン保証のスキル値20があれば、
犬・猫ぐらいは簡単に調教でるので、そこらで犬猫を勧誘してきて、
陽動犬・陽動猫として、騎士団のために尽くしてもらいます。

youdouneko.jpg

リリースさえしなければ途中で職務放棄してどこかへ行ってしまう心配もなく、
もちろんドアを開ける敵がいない事が前提条件ですが、部屋さえあればどこでも
陽動に使う事が可能になるため、陽動部隊としては、兵士より犬猫の方がよほど優秀・・・。

ちなみに、マエストロはDivyと名づけた猫を、陽動猫として愛用しており、
兵士を戦場に捨て置く事があっても、猫は忘れず回収します。

戦術紹介その6<お小遣い配布>

一般シャードのフェルッカや無限サーバなどでは、生き物を乗り越える際にスタミナを消費し、
スタミナが満タンでない状態では乗り越えられず、動きを制限されることになります。

sutamina.jpg

兵士達は雇用直後には、この障害物判定がなく、スタミナ消費なしに乗り越える事が可能なのですが、
ゲートなどで移動すると、障害物判定が復活してしまい、兵士を連れ歩く=常に背後に障害物状態となり、
邪魔なだけでなく、戦闘時には非常に危険でもあります。
多数の兵士を連れて歩く場合など、ヘタをすれば、部下にボックスされて死ぬハメになりかねません。

これはを回避するには、移動先で「お小遣い」として再度1日分の賃金を与えてやる事です。
臨時収入に浮かれて身も心もフワフワしてしまうのか、障害物判定が消えて、主人の移動を妨げなくなります。

なお、ペットにも同様の現象があり、こちらは賃金の換わりにエサを与える事で解消できます。

戦術紹介その5<リログ召還>

鉄拳フォローミーに続いて、これも技というには?ですが。
ログインしなおすと、NPCやペットが自動的に主人の下に飛んでくる仕様を利用して、
危険地帯、特にゲートが使えない場所への部隊輸送の際に、兵士は安全な場所で待機させ、
マエストロ単独で移動、ポイントに到着後にログアウト→再ログインを行い、兵士を召還します。

ログアウトした時点で兵士との「縁」は切れてしまい、再ログイン後、兵士達が倒した敵から
名声やカルマ、クエストにおける討伐カウントを得る事ができなくなってしまうので、
3名以上の部隊編成で行う場合は、人数が揃った時点で、全員を改めてHIRE&FIREし、
「縁」を結びなおします。

exsodus5.jpg
exsodus6.jpg

戦術紹介その4<鉄拳フォローミー>

文字通り、鉄拳制裁をもって解雇後の兵士をフォローミーさせる技(?)です。

followme.jpg

やり方は、戦闘モードに切り替え、こちらに移動させたい兵士をWクリックするだけです。
適当な場所まで移動させたらインビジなり沈静化なりで落ち着かせます。
その気になれば数十人をまとめて移動させることも可能ですが、当然隣接されれば殴られるので
その点は注意です。
(マエストロは上の30人を移動させる実験中に地形に引っかかって瀕死の重傷を負いました)

陽動や誘導・隔離を駆使して形成した有利な戦場も、血気にはやった一兵卒の蛮勇で崩れる危険があります。そんな予期せぬ先頭が起こってしまう前に、危ない場所に行きそうな兵士を引き戻すなど、
すばやい対処が求められgpを渡している余裕がない場面などで重宝します。

一般シャードでフェルッカ以外のファセットなら行為自体は犯罪にならずその点のリスクはありません。
ただし、これを用いると以後兵士達の戦功を搾取できなく(名声・カルマが上昇しなく)なりますので、
名声・カルマの上昇が欲しい場合や討伐クエスト等の場合は注意が必要です。
(再度、雇用&解雇を行う事で改善するようですが、必ず回復するわけでもないようで、要検証です)

騎士団vs漆黒の悪魔

maestropd.jpg
『いよいよ、ヤツらと刃を交える時が来たようだな。』

ダンジョン・ヒスロス深部に居を構える漆黒の上級悪魔Balron。
彼らと騎士団の対決のときが迫っていた。
Balronを屠る事で、サンタンジェロ砦のあるこの島の開放が完成されるのである。

偵察の結果、兵士の集合が容易に行える拠点候補地は、「無い」という結論に達した。

モンスターの密度・再生速度ともに高く、誘導や陽動によって空白地帯を作る事は
非常に困難であると判断された。

『ならば、戦いながらの増員しかあるまい。』

集結ポイントとして、ヒスロス地下3階入り口の小部屋が選ばれた。
室内にインプとヘルハウンドがそれぞれ1体、ドアのすぐ向こうに複数のガーゴイルが出現する。

balron1.jpg
一時的な制圧と増員の輸送を繰り返しながら、少しずつポイントに兵力を蓄える。
(非戦闘状態でPCがその場を離れれば、再度接近するまでの間、再生した敵と兵士との戦闘は始まらない。)
拠点に集まった兵士の数が10名に達したところで、マエストロがターゲットをおびき寄せにかかる、

balron2.jpg
が、大量の取り巻きを引き連れて現れた「魂狩り」(Collector of souls)の攻撃を受けて、
部隊はあえなく壊滅となった。

マエストロは最後の兵士が倒れるまで戦場に留まり、一人でも生還させるべく支援行動を行ったが、
ついに一兵を帰還させることをも適わなかった。

maestropd.jpg
『・・・・・・しかし、それでも我らは前にすすまねばならんのだ』

第2次討伐部隊への志願者が募られた。殆ど生還の見込みの無い作戦に、それでも20名の屈強な
兵士達が名乗りをあげた。

基本戦略は同じ。まずは拠点を確保する。

ところが、わずかな数の兵士を送り込んだ時点で「奈落の王」(lord of the Abyss)自ら居室をはなれて
拠点への襲撃を実行。先手を打たれてしまった。

この攻撃で部隊は4名の兵士と確保しつつあった拠点を失った。

集結ポイントを逆に占拠され、このままでは、作戦を続行しても送り込まれた端から順に
各個撃破されるのが目に見えていた。兵士達の脳裏に「退却・解散」の文字が浮かぶ。

maestropd.jpg
『臆するな兵達よ。私が道を開こう。縮み上がった逸物でもほぐして待っておれ。』

マエストロ自ら囮として単独で突入。「奈落の王」や取り巻きたちの集中砲火を浴びながらも、
辛うじてポイント周辺の敵兵力を減らすことに成功した(空白化には至らず)。

『作戦を・・・続行する』

無数の傷をうけながらそう断言するマエストロに兵士達も奮い立つ。
再度ポイントの奪還を果たし、16名の兵士でこれを占拠した。

『ここからだ、第1次討伐隊の兵士たち、見ておれよ。』

慎重かつ可能な限り迅速に通路の雑魚どもを排除すべく、誘導と沈静を繰り返すマエストロ。
そしてついに、現状望みうるなかでは最も単独に近い形で、「奈落の王」をポイントへ誘導することに
成功した。

balron3.jpg
『全員で包囲せよ!腕が千切れるまで斬りつけるのだ』

マエストロの詠唱により力を減殺され、戦意も奪われた深淵の王に、8方から剣が殺到する。
最後の意地を見せ兵士の一人を殺害した「奈落の王」だったが、以降反撃は続かなかった。
回復行動も封じられた彼は、最終的には、一方的に降り注ぐ剣撃の雨の中でなますのように刻まれて
息絶えた。

balron4.jpg
『我々の勝利だ!!』

作戦の成功に沸く、兵士達。
しかし、彼らに喜びの時は長く与えられなかった。急報がもたらされたのだ。

「マエストロ、『魂狩り(Collector of souls)』なるものが出現し、こちらへ向かっております」

タイミングを合わせるように周囲の各所で雑魚が再生、兵士達に襲い掛かった。

各個に前面の敵と戦いつつ、体勢を整えなおし、「魂狩り」を迎え撃たねばならない。
この事態に司令部は少なからず混乱したが、ここで第1次討伐隊壊滅のおりに、徒労と思えた
救出作業での経験が、マエストロをぎりぎりのところで冷静の範疇に踏み止まらせた。

balron5.jpg
「魂狩り」の足を鈍らせつつ、各所での戦闘を支援し、突出した兵士があればこれを下がらせ
(鉄拳フォローミーを使用)、からくも対抗しうるだけの兵力を再集結させることに成功したのだった。

balron6.jpg
「魂狩り」は斃れ、彼に縛られていた哀れな魂たちは解放された。

一連の激しい戦闘で部隊は兵員の大半を失ったが、それでもこの時点で3名の兵士が生存していた。
戦闘を継続しつつ、まず1名、そして残りの2名と、サンタンジェロ砦への帰還を果たしたのだった。
balron7.jpg

balron8.jpg
この作戦で騎士団は2体の漆黒の悪魔と、多数の使い魔を討伐し、1次・2次あわせて、
約30名の兵士が命を落とした。

この日、Island of Fireの開放が完遂された。


fighter_m.jpg
「あのー、マエストロ?」

maestropd.jpg
『何?』

「今回全くボケなしシビア路線ですけど、このまま終わってよろしいので?」

『いやー、今回はホントに大変だったからね。初めから終わりまで全くボケてる余裕なかったのよ。』

fighter_m_herahera.jpg
「実は途中で一回死にましたしね。」

maestropd_ase.jpg
『あ、あ、お前、それ言っちゃダメだよー』
プロフィール

グラン・マエストロ

Author:グラン・マエストロ
UO(ウルティマ・オンライン)で、騎士団長ロールプレイで遊んでいます。キャラ名はla Vallette。NPC傭兵をこよなく愛し、愛するが故に酷使し・死なせ・搾取する。PCに対しては普通の人(多分)。

直接ダメージ源をNPC兵士に限定して、PCはそのサポートのみを行う。ざっくりそんな縛りで、いったいどこまで戦えるのかに挑戦しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。